けやの森学園幼稚舎・保育園
 父の会
子どもたちの園生活をより豊かな場にするために父母会という組織があり、その一部に父親独自の「父の会」があります。各種行事を円滑に進めるお手伝いをする中で父同士も仲良くなり、楽しみながら活動を行っています。組織の概要と活動の趣旨は以下の通りとなります。
 組織の概要
対象者:けやの森学園に通う、全園児のお父さん
会   費:な し(イベントごと必要に応じていただきます)
活   動:けやの森学園の園児を対象とした父主催イベントの企画(役員・幹事)と運営(全員)、園および父母会主催のイベントのお手伝い
役職と役割:
  会 長:園および父母会との各種調整、父の会の統括
副会長:会長のサポート役
事務局:各行事ごとの調整や案内文の作成、会員への呼び掛け
幹事長:各行事の実行時のまとめ役
幹 事:イベントのリーダー
 活動の趣旨
 子ども達の視点で子ども達といっしょに楽しむ
 無理をせず、活動できる人ができる範囲でできる事を行う
 父同士の交流を深める
 父の会は一部の人の手によって作るものではなく全園児の父たちで作っていくものですが、「活動の趣旨」でも触れているように、無理をするのではなく、それぞれの行事ごとに活動できる人が自分の得意分野を生かしてできる範囲で関わり、父同士が楽しめる会になれるよう、皆さんと共に活動できればと考えています。

 「同じ年代の子どもを持つ親」という共有できる話題をもとに、父同士の交流を深めてより魅力ある会にしていきたいと思います。
父の会が携わる主な園内活動
(父の会主催のプログラムは年度によって異なることもあります。以下園主催の活動の手伝いを含めて、父の会が関わった年間のプログラムをご紹介します)
<父の会主催>
◇5月 親子交流会(親子キャンプ)
父の会として一番大きなイベントで、すべてお父さんたちの企画によって行われます。皆で作った夕食を食べ子どもたちが寝静まった後、父母や先生方とお酒を飲みながら親睦を図ります。
<園主催>
◇6月 親子カヌー
入間川上流で行ったカヌーの機材の搬入と搬出、カヌーに乗った子どもや、水辺で子供たちが溺れないよう安全管理のお手伝いを行います。
<園主催>
◇6月 自然あそび(川遊び)
名栗川にて川遊びを行い、チュービングの補助や下流に立って子どもたちが流されないよう安全管理を行います。
<園主催>
◇10月 林遊び
18年度は、園から父の会に提案のあった、立ち木を利用した見晴台の製作を行いました。材料はチェーンソーで切り倒した木とそれを固定するロープなど。工務店に勤める園児の父のアドバイスを元に、園児や大人が登った時の強度を十分考慮に入れた頑丈な見晴台を作りました。  時には、準備が容易で子どもと一緒に作る過程を楽しめるクラッカーの焼きマシュマロサンドや、一油缶でポップコーンなどを作ったりします。
<もみじまつり実行委員会主催>
◇11月 明光寺もみじまつり
父母会共催のふれあいマーケット(バザー)において、父の会として焼きそば、フランクフルトの模擬店を出店し、用意したそれぞれ200食以上をほぼ全て販売。食材は、園に出入りしている業者さんなどから調達し、安全でかつ美味しい物を提供することにこだわっています。毎年積み重なるノウハウを元にチームワークと手際が良くなっています。
<園主催>
◇12月 成道会(餅つき)
平日ということもあり、父たちの参加は多くありませんが、休みの取れたお父さんたちと父母会の皆さんで一緒に餅つきのお手伝いをしました。園児の力強い応援にあおられ、ふだん持ち慣れない杵を手に、頑張りました。
<園主催>
◇3月 ひなまつり会
会場ホールの出入り口に立って、安全管理を行いました。また、幕間の時間を利用してお父さんたちによるぶっつけ本番でもできる「ジェスチャーゲーム」や「合唱」などを披露しました。

▲画面上へ