けやの森学園幼稚舎・保育園
 けやの森学童クラブ

学童クラブ
  • 学校が終った後の時間を、家庭のようにくつろげる、なごやかな環境を用意します。
  • 林や川での遊びなど、自然に接する機会をできるだけ多く持ちます。
  • 学校や塾のような教育指導ではなく、子どもが中心となって生活をつくっていきます。(おやつ作りやクラフトなど)
学童写真
学童写真
■対象:小1 〜 小6の健康なお子様
■時間:月〜金曜・・・放課後〜18:00
土曜・・・・・・・
(要相談)
8:00〜17:00




学童キャンプ  平成23年7月29日(金)30日(土)

毎年の恒例行事「学童キャンプ」今年は、名栗すこやか村にて行いました。雷鳴が轟く中の夕食作りでは、大雨に降られながらもなんとか食事を作ることができました。自分たちで考えたメニュー、分担した野菜、手分けをしての火起こしなど、手際は悪いながらも、自分たちの力で調理しました。川あそびでは飛び込み、カヌー、ライジャケ流れ、生きもの探しなど、思いおもいの遊びに没頭しました。




部分日食の観察  平成21年7月22日(水)

国内の陸地では46年ぶりの皆既日食。関東地方でも75%欠ける部分日食を観察することができました。
午前9時30分から観察用のメガネの製作をはじめ、10時には準備完了!しかし雲が厚く、メガネを使わずして肉眼で日食を観察できました。その後も雲があったため、メガネを通すと暗くなりすぎて観察ができませんでした。 メガネの出番はありませんでしたが、しっかりと日食を見ることができました。




林あそびとクラフト  平成20年10月3日(金)

運動会の振替休日を利用して、林へでかけました。
今回のテーマは「自然のものを使ってのクラフト」です。
まずは、林に落ちている木の実や枝などを探しました。栗もたくさん落ちていて、イガの中の栗を足で器用に取り出しました。 蝉の抜け殻もたくさんみつけました。

「ほら、これをつけると鼻になって顔みたいでしょ!」「へんな顔!」

林に落ちているものだけでは足りないので、あらかじめ、木の実や種、輪切りにした枝などを準備しておきました。
みんなで集めた材料を合わせて、好き好きに組み合わせ、ペンダントや、裏に磁石をつけてマグネットにしたり、セミの抜け殻を使い小さな林を再現したり。いろんな顔やオブジェができました。
気候もよく、昆虫もたくさん見つけることができ、楽しい林あそびになりました。




お茶摘体験 〜狭山市古谷園〜  平成20年6月7日(土)

昨年に続き2回目のお茶摘体験を、卒園生でもある古谷園さんのご厚意で開催いたしました。
新茶の刈り取りを一部残しておいていただき、その部分の新芽を子ども達と一緒に摘みました。
摘み取った新芽を古谷園に持ち帰り、平安時代の方法で「炒って・揉んで」を三回繰り返すと、お茶っぱの出来上がり!
自らの手で摘んで、炒って、揉んで、という行程を体験した後は、お茶菓子と一緒に試飲タイム! 「おいしい、おいしい」と普段はあまり飲まない緑茶をたくさん飲んでいました。

協力:古谷園、電話番号:04-2952-7704