けやの森学園幼稚舎・保育園
 教育理念・目標
 けやの森教育理念

「生きる力を育む自然の教育」
〜生き生きとそれぞれに生き生きと〜
本園では、自然の持つ素朴さ、美しさ、偉大さ、厳しさ、不思議さを五感を通して感じられるように導き、みずみずしい感性を培いたいという思いから、自然体験を重視しています。
自然体験から生まれる豊かな感性が、一人ひとりの生きる力につながると信じています。

 教育方針

1.からだで学ぶ体験教育
   ・四季を通した山、川、林などの身近な自然に触れ、
    危険を知って楽しく遊ぶ

2.心を鍛える仏教教育
   ・あらゆるものは複雑なかかわりの中で生きている。
    すべての生命を尊び、自分らしさを発揮する。

3.社会をつくるフレネ教育
   ・子どもが主体となって、社会をつくり、生活を楽しむ

けやの森の教育 〜生きいきと それぞれに 生きいきと〜 pdfファイルダウンロード

けやの森の教育理念 pdfファイルダウンロード

 けやの森では、子ども一人ひとりが幸せになるために、このような考えの基にさまざまな自然体験プランを用意しています。子どもたちが自然の中で体験する感動に、友達や保育者は共感します。そして、互いの感動を交換します。

 相手の感動を認め、自分の感動に共感してもらうと、子どもは心から清々しい思いに満たされます。充実と満足を得るのです。そういった心の状態は、さらに新たな体験や感動を求めて冒険心をかきたてていきます。目標に向かって挑戦して、挫折して、反省して、工夫して常に先にあるいい世界へと自分を押し上げていくのです。その過程が学びであり、完遂した結果が喜びとなり、子どもの心を豊かにするのです。「人は豊かな気持ちを抱いたとき程、幸せを感じることはない」と私は考えています。この幸せを実感する自己実現の構造は、子どもばかりではなくご家庭の皆様にとっても同様に考えられるのではないでしょうか。


幸せを実感する自己実現の構造
1.自然や社会の事象にふれて[体験]
2.感じたことや考えたことを言葉や行動に表し[表現]
3.伝え合い認め合って互いに工夫し[交換]
4.持てる力を生かして新しい生活を築く[創造]


▲画面上へ